クリスマスツリー・雛人形・五月人形・名前旗のことなら恵月人形本舗まで


     節句の基礎知識

 ひな人形の由来
 五月人形の由来
 羽子板の由来
 破魔弓の由来
ひな人形の由来
 ひな祭りの歴史は古く、その起源は平安時代中頃(約1000年前)と言われています。 三月の初めの巳の日を上巳の節句と言い、子供の無病息災を願いお祓いなどの行事をしていました。
 祈祷師や陰陽師などを招き、天地神明に祈りを捧げ、食物を供え、人形「ひとがた」に災いや凶事を託し川や海に流しました。これが流し雛の原点と言われます。

 その頃の宮廷の婦人や子供たちの間では「ひいな遊び」という遊びが行われていました。 紙で作った人形と、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶ、いまのままごと遊びのようなものです。源氏物語や、枕草子などにも記述されています。
 こうした遊びがもとになり、現在のようなひな祭りが出来上がってきたのです。

 上巳の節句が三月三日になったのは、室町時代(約600年前)からと言われます。このころから、安土桃山時代頃までの上巳の節句とは、ひな祭りとはかけ離れたものでした。
 三月三日が女性の日になったのは、戦国・安土・桃山時代を経て、世の中が平和になった江戸時代のことです。

 江戸時代の初頭には、京都の御所で盛大なひな祭りが行われ、幕府でも大奥でひな祭りを行うようになりました。
そしてひな祭りは、武士階級から町人へ、江戸から地方へと広まって行ったのです。

 江戸中期には、女の子の誕生を祝って、初節句ひな人形を飾り、毎年盛んにひな祭りが行われるようになりました。
 この頃になると、ひな人形や、共に飾る道具の種類も多くなり、豪華で立派なものが製作されるようになりました。
そのため贅沢をいましめる幕府の方針で、ひな人形が華美に流れるのを禁じるお触れ(倹約令)が再三出されました。

 明治になると、新政府は、節句行事を廃止し、新たに祝祭日を定めました。
しかし、人々の生活の中に根をおろした行事は簡単になくなるものではなく、上巳・端午・七夕の子供に関係のある三つの節句は、民間の行事として残り、今日も盛んに祝われています。
お雛さまは女の子のお守り、だから一人一飾りが基本です。
 ひな人形は、女の子が健やかに成長し、立派に成人するまでその子の厄災をはらう身代わり(お守り)です。
ですから、お母様のひな人形を譲ったり、姉妹で兼用するのは避けたほうが良いと言われます。
神社のお守りがそうであるように、ひな人形もおひとりに一飾り。ぜひお飾り下さい。
お雛さまとは・・・
 「おひな祭り」は大昔から続く日本の代表的な行事。平安時代、宮廷の女の子たちの間では「ひいな遊び」という人形を使った遊びがありました。
さらに藁や紙で作った人形(ひとがた)に厄災や病魔を移し、川や海などの水に流す「流し雛」が始まります。
この二つが結びついたのがおひな祭りの始まりです。ですから、ひな人形を飾ることには生まれた女の子が健康で無事に育つように、結婚など人生の幸福が得られますようにとの家族の願いがこめられているのです。
お人形様、ありがとう。
 ひな人形は、一生あなたを見守ってくれています。お母さんになっても、おばあちゃんになっても毎年飾ってあげて下さい。
娘や孫のひな人形と一緒に飾るなんて素敵ではないですか。
でも、何かの事情で人形をもっていられなくなった場合、全国各地で人形供養が行われていますから、供養をうけて「いままでありがとうね。」と感謝を込めて納めてもらいましょう。
お飾りも、おかたづけもお早めに。
 ひな人形を飾るのは、立春(二月四日)頃から二月中旬にかけて、遅くてもひな祭りの一週間前までには飾りたいものです。片付るのもなるべく早めにします。
季節の節目を祝うのも節句の意味です。ひな祭りが過ぎると飾る意義も薄れます。
遅くとも三月中頃までに片付けましょう。天気の良い、よく乾燥した日にしまうのがポイントです。
片付けが遅れると「御嫁に行くのが遅れる。」と言いますが、これはしつけの意味合いで、「いついつまでにお片付けが出来ないと、だらしないよ。お嫁にいってもお片付けできないと笑われるよ。」という意味合いを含んだ言葉がいつのまにか変化してしまったものです。
お雛様を片付け遅れても、婚期は遅れたりしません。お人形に優しい、湿気の少ない日にお片付けをするのが、大切なお人形を長持ちさせます。
ひな人形の由来
 端午の節句は、奈良時代から祝われている古い行事です。 端午と言うのは、「月の初めの午の日(うまのひ)」と言う意味の言葉です。
それが、「午と五(ごとご)」の音が同じなので、いつのまにか、毎月の五日をさすようになり、さらに、五月五日だけをいうようになったのです。

 このころ五月五日は、病気や災厄をさけるための行事が行われる重要な祭日でした。 宮廷では、この日に、菖蒲を飾り、皇族や臣下の人々に、蓬(よしぎ)などの薬草をくばったりしました。
また、病気や災をもたらす悪鬼を退治する意味で、騎射(馬から弓を射る儀式)などの練武の催しも行われました。

 平安時代の末ごろから行われた練武の催しの一つに印字切、印字打ちという石合戦があり、鎌倉室町をすぎて、桃山時代ごろまで続きました。
その後、平和な世の中がくると、この催しは、菖蒲打、菖蒲切、といって、菖蒲でたたきあう子供の遊びに変化して、江戸時代の末まで行われました。

 鎌倉時代の武家政治の世の中になると、朝廷の端午の儀式は、廃れました。
しかし、武士の間では尚武の気風が強く、菖蒲と尚武をかけて、尚武の節日として盛んに祝いました。
 菖蒲や蓬を、屋根や軒にふき、菖蒲枕をしたり、菖蒲酒を飲んだりしました。
甲冑や刀、槍などの武具や旛幟もかざりました。

 江戸時代になると、五月五日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が染帷子(そめかたひら)の式服で江戸城に出仕し、将軍にお祝いをのべました。
また将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印しや幟を立てて祝いました。
 端午の節句が男の子の誕生日のお祝いに結びついたには、このころからです。
そして、武士の間だけでなく、一般の人々にもこの行事がとりいれられていったのです。
 はじめのころは、玄関前や幟や吹流しを立て祝いましたが、やがて厚紙で作った兜や人形、紙や布にかいた武者絵なども飾るようになりました。

 江戸の中ごろには、武士の幟に対抗して、町人の間で鯉幟が盛大に飾られるようになりました。また野外の飾りを小型化して室内に飾るようにもなりました。
 明治時代になると、新政府の方針で節句行事が廃止され、端午の節句も一時廃れました。
しかし男の子の誕生を祝う行事として人々の生活の中に浸透している行事が急になくなるものでなく、すぐに復活して、今も盛大に祝われています。
ひな人形の由来
 羽子板の歴史は室町時代に始まります。最初は宮廷の遊戯として楽しまれていましたが、時代の変遷とともに庶民の間に根付いて行きました。

 その昔、羽子板は胡鬼板「コギイタ」や「コキイタ」とも呼ばれていました。「コギ」または「コキ」とは古代中国で「トンボ」のことをさす言葉でありました。
 トンボが自分の可愛い子供を刺す「蚊」を捕食することから、子供のお守りとして扱われるようになりました。

また、羽子板遊びに使われる「羽根」は「むくろじ」と言う大木の種を使用していました。 この「むくろじ」は漢字で「無患子」と書きます。
当て字ではありますが、字の意味合いから「子が患い無く」とあやかり、またお守りとしての「胡鬼板」で厄災をはね(羽根)除け、末広がりの形から景気をはね(羽根)上げるとし、家内安全・商売繁盛のお守りとも言われ人々にお飾りされてきました。

 江戸時代になると、大名の間で年の暮れに女の子が生まれた家に羽子板を送ることが慣例になり、女の子の厄除けという認識が出来てきました。

 また、羽子板には押絵で、「浅妻」「汐汲」「道成寺」「藤娘」などの歌舞伎の一場面をもした女物と、「弁慶」「助六」「獅子」など男物も存在します。
これは、江戸時代、商人や町人が羽子板の楽しみとして「宝船」や「七福神」などを豪華に飾り競い合っていたものが、当時の歌舞伎役者を模した羽子板を作成するようになり、やがて、現代で言う人気俳優のブロマイドや写真集のような扱いになり、豪華で絢爛な羽子板が作成されるようになったものです。
特に人気の高かった品目の羽子板が、現代にまで伝わっているのです。

 羽子板には魔除け、厄除けと商売繁盛、家内安全の意味合いがありますので、お正月が過ぎても片付ける必要はないとされています。
ひな人形の由来
 魔を払い除く破魔弓は、かつて農耕民族であったころの時代に、収穫出来る作物を、その年の初めに占った競技が、弓と矢を使ったものに由来すると言われます。

 破魔弓は、魔除けの意味で神社などで古来より用いられてきました。
これが一般の人々に普及したのは、平安時代中期の頃と言い伝えられます。
 皇族に、皇子が誕生すると魔除とし、弓と矢を用いて弓の弦をかき鳴らし、鳴弦の儀式を行い読んで字の如く、「魔を破る弓」とされて来ました。
史実を紐解けば、大射や、儀式射礼と呼ばれ、孝徳天皇の時代から行われたと言われます。

 破魔弓が、現在のような形に位置付けられたのは、鎌倉時代からだと言われています。 江戸時代に入ると、武家や町人の間に、男の子の初正月に破魔弓を飾る習慣が生まれ、各地方に広まっていきました。

 男の子の初正月には、矢を入れる矢籠と武勇を示す弓、魔を射る矢を組み合わせた破魔弓を飾ったといいます。
 お正月には、破魔弓を実際に使用し、男の子が的を射て遊んでいた時代もあり、やがて豪華な破魔弓が造り出されるにつれて、遊具としてではなく、飾ることが主流となって現在に至ります。

 神社などでは初詣に、破魔矢・弓を買います。これは「魔除け」のお守りとして買っていくものです。
「破魔」とは、仏教用語で、魔を払い退けるもの・煩悩を消失するという意味を持ちます。

 破魔弓には魔除け、厄除けの意味があり、お正月の破魔矢と同じくお守りとして一年中飾っても差し支えありません。
せっかくの赤ちゃんへの贈り物なのですからずっとお飾りされてはいかがでしょうか。


節句人形の修理、処分でお困りの方!お気軽にご相談ください!

恵月人形本舗 TEL06-6427-0121

恵月人形本舗はクリスマスツリー,名前旗を低価格でご提供いたします!

  Copyright (C) 2005 tatsuta industries Corporation. All Rights Reserved.